Saturday, November 10, 2012

【妊婦日記:1】はじまりは興味から ~Out of Control~


ただいま妊娠9か月目。
妊婦体験を客観的にみつめるために、
ヨガ的な視点から妊婦日記を、
ちょろちょろと書いてみようと思います。

▲ まるでスイカ泥棒のように巨大なお腹...


“はじまりは興味から”

ヨガを通じて、女性のカラダの奥深さに目覚めた時に、
その最も女性の性を活かす、本能レベルの活動である、
妊娠(マタニティーヨガ)に興味が湧いた。
そこで今年3月に日本マタニティ・ヨーガ協会の、
指導者トレーニングを受講しました。

↓その記事はこちら
http://sabrinaheaven.blogspot.jp/2012/03/blog-post.html

あまりにも素晴らしい発見と学びの連続で、
至福のトレーニング期間を終えると、
翌月、自分が妊婦になっていた。

4月から新しい指導先が数件決まっていたので、
各スタジオさんとの契約時に妊娠が発覚!!
新しいスタートに嬉しい反面、
半年後に産休を頂くことに心苦しさも・・・

結婚して半年ちょっと経った時期、
妊娠にはもっと時間がかかるかな?と、
勝手に思い込んでいたので、妊娠に喜びながら、
新しくはじまるお仕事、これからどうしよう、なんて。
そんな揺れる気持ちを抱えつつ、
はじめての妊婦生活開始。

でも、自分のカラダを通じて、
マタニティヨガの勉強ができるのだから、
これぞまさに、“人体実験”のチャンス(笑)
そんな風に、日々の生活をはじめました。

受精する卵も、しない卵も、
自分の意志では選ぶことはできないし、
生活を取り囲む人や環境など、出会いのご縁も、
これまた、自然の采配、という感じがします。

話はちょっとそれますが、
ここ数年、ヨガクラスをするなかで、
生徒さんからのお悩みで一番多いことは、
やはり婦人科系のトラブルについて。

これは忙しく生きる現代女性にとっての宿命?
だからこそ、現代を生きる女性たちにとって、
大切なことは、頭のコントロールを手放すこと。
知識や感情ばかりが暴走して、思考が優位になってしまうと、
カラダ本来が感じる感覚や、機能が衰えやすくなります。

結局は地球に生きるいち動物である人間、
自然のリズムを重んじ、カラダが発する声に、
もう少し耳を傾けることができたら、
自分の本能・原点が聞こえてくるはず。
頭の暴走を鎮め、女性の性をアップさせるには、
やっぱりヨガが効果的なんだと思います。

そして、その女性の性を使う、
大舞台としてお産があると感じます。
よりよいお産をするためには、妊婦さんは、
もっと動物的な(笑)原始の脳に切り替えることが必要。
そのためのテクニックが、
マタニティヨガにはあるんですね。
思考を手放す感覚、すごく気持ちいいですよ~
流れゆくままに...Out of Control.



お次は、
「自然のリズム」について...

★ ★ ★ ★

ヨガレッスンのご案内

【マタニティ&産後ヨガ(with baby)】
@東銀座・築地エリア

プレママ&産後ママに優しい、
ヨガのレッスンを毎月1回開催中!!
もちろん、ベビーちゃんと一緒にご参加いただけますよ。
マタニティに関する心身のお悩みや、
出産・育児についてのお話しなどなど、
女性同士ならではの和やかでな空間で、
ぶっちゃけトークも飛び出す(笑)!?気軽な雰囲気です。
ぜひ、ほっとひと息つきに来てくださいね~

▼ 詳細&ご予約はこちらからどうぞ♪

みなさまにお会いできるのを、
楽しみにしています。

ヽ(^o^)丿




No comments:

Post a Comment